植毛には二つの方法があります

髪の毛が薄くなって悩んでいる方は、育毛やカツラを購入するなどの選択肢がありますが、それ以外にも植毛という選択肢があることを知っておきましょう。

 

植毛をすることで薄毛の悩みを解消できたという方は多くいらっしゃるのです。

 

植毛には主に人工植毛と自毛植毛という二つの方法があります。

 

まず人工植毛は合成繊維から作り出された人口の毛を頭皮に埋め込みます。

 

この人工植毛のメリットとしては、施術をしてすぐに効果を実感することが出来る点です。

 

すぐに自分のイメージ通りの髪の量を得ることが出来るので、少しでも早く薄毛を解消したいという方に向いています。

 

次に自毛植毛は、自分の頭に残っている髪の毛を薄毛になっている部分に埋め込む方法です。

 

この方法のメリットとしては、一度植毛が成功すれば、その後のメンテナンスなどは不要になる点です。

 

抜けてもまた生えてくるので、人工植毛のように定期的に植毛をする必要が無いのです。

 

ただ、自毛植毛では効果を得るまで時間がかかるというデメリットもあります。

 

今後植毛を行おうと考えている方は、すぐに効果を得たいのか、少し時間がかかっても自分の毛を使用して植毛をしたいのかをしっかりと考えてどちらの方法で行うかを選びましょう。

自毛植毛と人工植毛

 

植毛に興味があるものの、種類がいろいろあってよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

 

植毛にはどのような種類があるのでしょうか。

 

大きく分けると、自毛植毛と人工植毛の二種類あります。

 

それぞれには特徴があるので紹介しましょう。

 

まず自毛植毛は文字通り自身の髪を気になる部分に移すことで髪を増やす方法です。

 

毛根自体も移植するので、抜けても再び生えてくるメリットがあります。

 

施術を一度おこなえば基本的にその後のケアがない点も利点です。

 

ただ移植の際には日数がかかったり、麻酔を使用したり大がかりになります。

 

さらに髪が生えてくるまで理想の髪型にはなれません。

 

いっぽう人工植毛は、スピード戦術が可能な点が特徴です。

 

本数にもよりますが、その日のうちに洗髪したり理想の髪型をつくることもできます。

 

ただその後も定期的に通ってアフターケアをすることが必要になってくるでしょう。

 

費用に関しては人工植毛のほうが安いですが、その後の通うことになるのでトータル的なコストや手間を考えるとどちらも同じかもしれません。

 

植毛には以上のような種類があります。どちらもメリットやデメリットがあります。

 

実際に出向いてしっかり話を聞いてどちらにするか決めるとよいでしょう。